猫とワタシ

あけたらしめる跡地

好きなものを狭く深く愛する。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する【MAX ANARCHY】ジョニーさん回ブログ&キャラクターアートコンテスト開催中!

MAX ANARCHY

プラチナゲームズさんのMAX ANARCHY
皆さん、夢中でプレイなさっていると思います。そんな最中、PLATINUM SIDEはまだまだ更新中!

special_all_1920.jpg


今回の更新は、ジョニー尻山氏こと小手川宗行さん回の開発ブログです。
それにキャラクターアートコンテストが開催中。必見ですよ!

開発ブログは、キャラクターモデリングご担当のジョニー尻山氏こと小手川宗行さん回。
この尋常ではない作りこみがキャラクターに厚みを与え、その存在感を圧倒的なものにする…
それはキャラクタービューワーを拝見したらわかること。
ニコライの腕はどうなっているのか?サーシャの背中は?ガルーダ変形時は?
穴の開くほどキャラを眺めまわしている方も多いのではないでしょうか。
それほどに素晴らしく見事な造形なのです。いくら見ても飽きません。
ニコライの腕は凄いと思います。キラーウェポン発動時は腕が透明になり、内部が回転。
発動が終わると腕は白に戻り、パクッ!プシュー!と元通り。ため息もの。
処理速度とメモリのお話は、壮絶なプロセスが垣間見られるものでした。
気持ち良くプレイできるのは、各ご担当の方々がこういった過程を積み重ねてきているからなのですね。
ただただ感服…尊敬してしまいます。
あとジョニーさんのツイートは面白いのでフォロー推奨です。毎日とても楽しみw

女性キャラクターの顔、女性として気になるのはメイクだったりしますが、
キャラクタービューワーで私の大好きなサーシャをガン見する日々ですw
ダークブルーのアイライナーがきっちり入り、下は2/3まで。目頭に向かってホワイトのシャドー。
眉尻と目尻をつなぐようにブルーのシャドーで跳ね上げるようにぼかしていく。
凛としたクールビューティーなサーシャにぴったりなメイク。実に美しい!

DSC_0845.jpg


キャラクターアートコンテストが開催中になっております。詳細はこちらから。
受け付けはもう開始されており、締め切りは8/5(日)24時まで。
お題はマックスアナーキーのキャラクター。
既にプラチナスタッフさんが何人かイラストを描かれています。こちらから!
賞品は、ビッ○リマンチョコ風のキラキラシール16枚セット!!
これは以前山中雅貴ディレクターがTwitterで上げられていたイラストですが、それがキラキラシールに具現化、
キャラ分16枚セットになるという超レアかつ豪華なプレゼント!ファンなら垂涎の的でしょう。
これにベヨも加わったら完璧ですね。
ジーンのシールは頂いて持ってますが、こんなに揃うことはもうないでしょうね。イイナー!
私のフォロワーさんが2人参加表明されていますので、全力で応援したいと思います。
色んな方のイラストを拝見できるのが非常に楽しみなところ。
アサシンクリードアート展を思い出すなあ。

AxVPzsJCMAAGhCY (1)


さて私も勿論合間を縫ってプレイしておりますマックスアナーキー。
プレイしていない時、移動時や家事の時にはサントラを聴きまくり、完全に世界に没頭しております。
とりあえずはストーリーモードをクリアし、キャラを解放。
これからはオンをやりつつ、ストーリーも言語を変えながら何周もする予定です。
ネタばれも含まれるので、ストーリークリア前の方は以下はお読みにならないほうが良いかもしれません。

ストーリーの感想はTwitterにも書きましたが、私は非常に好きなものでありました。
このゲームはオンありきですが、私はストーリーや設定をもとても楽しみにしていたのです。
壮大な謎が解き明かされる系ではありませんでしたが、各キャラクターがそれぞれ異様なまでの
個性を放ち、強く印象に残りました。
ジャックが娘を亡くし、幻を見たシーンでは思わず目が熱くなり、
最後、ジャックとレオが背中合わせで共闘したシーンでは燃えましたね!わかっていらっしゃる!
復讐を思いとどまる決意をしたジャック。
マックスとレオの師弟関係。サーシャのエリートならではの気位の高さと、レオに対する思いやり。
ニコライは仕事に徹したと言えばそれまでですが、マックスに対する嫉妬が見えたところから、
正義から出発したはずが行き過ぎて結果悪になってしまったのかなと。
レオとサーシャの行動には賛否両論ありましょうが、どの立場で見るかだと思います。
体制や組織ではなく、自分がどうするか。
私はレオのマックスへの思いに共感できたので、こういった感想を持ちました。
バロンとマチルダの絆も良い!ブル御坊は萌えキャラだし、リンリンも可愛いったらない!
嫌いなキャラは一人としていませんでした。
ただ勿体ないというか、もっと見たいなと思ったのが、ドゥルガー&ガルーダ、ゼロのあたりでしょうか。
キャラが立ちまくっていただけに、お亡くなりになってしまって非常に残念。
特に前者コンビはもう少し見ていたかった気がしました。でもあのしたたかさだから、死んでないかも?と思ったりも。
変態絞殺魔のマナ・ヤマサカにはニヤニヤしました。なんてわかりやすいアナグラムw
マスターが意外なほど目立っていたのも印象的でした。あのスローモーションカウンター越えには
爆笑しましたよww
マスターのモーションはツボに入るものが多く、中指を立てた後の慇懃無礼で滑らかなお辞儀っぷりには笑いましたwオンでは泣かされますがw
細かいネタはまだありそうです。それに音楽も大変素晴らしい。場面に相応しい音楽、感情が揺さぶられる音楽、
どうやったら生み出せるんだろう…と思いを馳せたり。もうね、みんな大好き。
プラチナさんのゲームは、やはり私に非常に合っていると感じます。

special_white_mobile.jpg


オンは体験版から引き続き、もう猛者だらけですねww
ひっそり参加していますのでよろしくお願いしますw
Twitterで色々検索して、皆さんのツイートを拝見するのが日課なのですが、様々な感想を目にします。
肯定的なものばかりではないこと、そこに共通した意見があることに気づいています。
それが今後どうなっていくのかな…と。プラチナさん、セガさん、プレイヤー側それぞれが。
それと、自分がそれに直面した時にどう思うか、どうするか。
でも私はこのゲームが好きなことに変わりないだろうなというのは確信しているんですね。
プラチナさん初のオンラインゲームです。それだけで私はとても嬉しい。それが素直な今の感想です。
プラチナさんの大きな一歩になったことは間違いないでしょう。
多くの方がマックスアナーキーを楽しんでくれたらいいなという思いでいっぱいなのです。



関連記事

テーマ:新作ゲーム
ジャンル:ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。