猫とワタシ

あけたらしめる跡地

好きなものを狭く深く愛する。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する【MAX ANARCHY】ストーリーのイベントシーンについて

MAX ANARCHY

プラチナゲームズさんのMAX ANARCHY
PLATINUM SIDE開発ブログは、デモシーンご担当の高島さん回。
プリビズという言葉を今回初めて聞きましたが、
プリビズとは「制作の初期段階において、シーンを簡易的にCGや実写で映像化すること」。
指標になるものですね。ここも合わせて見たりしていました。
こういったプロセスを拝見できるのは開発ブログならでは。筋肉ダルマみたいな簡易マックスが新鮮ですw
非常に自然かつ美しいキャラの表情も今作の魅力の一つ。
「大まかな表情の制作を行いやすいコントローラ」というのは2つ目の動画の右上のかな?
もっと詳細に知りたいですねー。でもここまで見せて頂けるということもちょっと前までは
考えもできないことだったので有難いことです。




さて、キャラクターアートコンテストも引き続き募集中です。
実は夫がブル御坊のイラストを描いていたのですが、
プラチナさんのモーションデザインご担当のお二人のイラストを見て、
「これなら俺もイケる…!」などと言っていましたww
イラストをお描きになる方は沢山いらっしゃると思います。
そんな方々がこのゲームの多彩な個性を持つキャラクターをどう表現なさるのか、すごく見てみたいなあ。
締め切りは8/5の24時、時間はまだまだあるのでいっぱい応募があるよう願っています。
応募されてはいないですが、Twitterでフォローさせて頂いているTangoさんのひだかさんのマチルダ
強烈にクールで痺れましたよ…!

ストーリーをもっと進めつつ、オンでも楽しませて頂いている毎日です。
色々思うところがあるのも事実ですが、キルを決めた時、勝った時の嬉しさは相当なもの。
プレイ人口が少しでも増えるよう、出来ることがあるならばそれが実現するといいなと思っています。



関連記事

テーマ:新作ゲーム
ジャンル:ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。