猫とワタシ

あけたらしめる跡地

好きなものを狭く深く愛する。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する【ときちく】「電波人間のRPG2」プレイムービー

電波人間のRPG

ジニアス・ソノリティさんの電波人間のRPG2を夫ときちく
4Gamerさんで記事にさせて頂きました!記事はこちら
ちなみに夫は本日お誕生日です。おめでとー!!
好きで応援しているゲームの紹介動画は見ているだけで俄然力が入ります。1ファンとして非常に嬉しい展開。
ニコ動版は以下。YOU TUBE版はこちらから。
どんなゲームなのか?と気になっている方、購入を迷っている方にご参考にして頂ければと思います。
願わくば背中をドーン!!と押せますようにw面白いんだから!自信を持ってオススメしたいですね。




どうですかこのオープニング!世界の広大さを感じて、どうしようもなくわくわくしたものです。
主人公しろうが喋っている間にも、隣で不審な土煙が…サルをやっつけるのに力を貸して!というところから、
この物語はスタートします。始まりは小さなきっかけ。この動機にもらしさを感じました。
電波人間を捕獲するのがまず楽しい。その際、主人公のプレイヤーに対する声かけが激しくなっていますw
電波人間の何気ないセリフや仕草もたまらなく大好き。
主人公のセリフに今ひとつ緊迫感がないのも非常にツボなところw
軽くひねってやりますよう!」これ前作にもありましたよねw
フィールドで死亡するとそのまま昇天してしまうなど、前作と比較するとシビアな要素もあり。
のほほんとしたルックスに安心していると、ボッコボコにされる骨太なゲームです。むしろ鬼畜。そのギャップも良い。
本筋以外にも花を植えたり、釣りをしたり、装備を極めてお気に入りの電波人間をお洒落させたりなどの楽しみも満載。
オーソドックスで非常に優れたRPGであることに加え、3DSならではのすれちがいや通信対戦も楽しめます。
クリアまでの道筋は十人十色、これはプレイ時間が100時間を優に超えるだろうなと予想しています。
音楽は崎元仁氏率いるベイシスケイプ。言わずもがな素晴らしい!サントラが待ち遠しいです。
RPGが好きなら絶対買い!
こんなに遊べて1,000円なんて…本当にいいのかな?って思ってしまうボリュームなんです。
しかし前作からわずか半年あまりでここまでの続編を出せるなんて
ジニアスさん、力あるわあ…!と感心しきりでした(偉そうですね…すみませんw)。
自分でも不思議なほど、この電波人間に惹かれています。
早く先に進みたい。でも終わりたくない」このジレンマに苛まれるゲームになることは間違いないと思います。

関連記事

テーマ:新作ゲーム
ジャンル:ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。