猫とワタシ

あけたらしめる跡地

好きなものを狭く深く愛する。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するD-Arts 葛葉ライドウ

ゲーム関係いろいろ

待望のD-Arts 葛葉ライドウが到着しました!待ってたよー!
飾る用と保存用に2点購入。

photo (3)


開けてみてサイズの小ささに驚きました。ライドウの身長が15cmほどしかないのです。
もっと大きいものだと勝手に思っていました。
その小ささゆえ壊してしまわないだろうかとちょっと心配にw


これはボックスの上部。ゴウトのシルエットで型抜きしてあるのが心憎い。

photo_1 (2)


ボックス右サイド。

photo_2_20130630230740.jpg


ボックス左サイド。

photo_3_20130630230739.jpg


ボックス裏面。カッコいいポージングの写真に心踊ります。

photo_4_20130630230739.jpg


取扱説明書。パーツがいっぱい。

photo_5_20130630231140.jpg


開けたところ。1段目にはライドウと刀用のエフェクト。

photo_6_20130630231139.jpg


2段目には細かいパーツが。手の種類が多いです。
封魔管の細いことと言ったら…これは紛失に注意ですね。

photo_7_20130630231139.jpg


ゴウトもちゃんと入っています!よく出来てるわあ。可愛いw

photo_8_20130630231137.jpg


刀にエフェクトを付けたところ。取れやすいかも。

photo (2)


ついにライドウ出現。左足の膝がゆるくてゆるくてなかなか立たせられませんでしたが、
素晴らしい出来だと思いました。カッコエエ…!!

photo (4)


後姿。マントがひらり。ロマンです。手を出す切り込みまで再現。

photo_1 (3)


お顔。若干幼い感じもしますが、基本的に金子一馬さんの描くライドウそのままという感じ。

photo_2 (2)


横顔。鋭利なモミアゲもきっちりと。

photo_3 (2)


マントは取り外し可能。急にボリュームがなくなって華奢な印象になります。
顔と首の色の差が結構目立つ(首の色のほうが濃い)のでマントは付けっぱなしのほうが目立ちません。
ホルスターの銃はちゃんと持たせることができますよ。

photo_4 (2)


ジャックフロストもお待ちかねでしたwものすごく嬉しそうに見えます。和む。

photo_5 (2)


スタンドがついていないですし、自立が難しいので、どうやって飾ろうかなと悩んだのですが、
助けてくれるナイスガイがおりました。その名はデッドプールさんw
この台座は色々と本当に使えますよ。ひな祭りにこのまま使ってもいいなw
スタンドは付けてほしかったなー。マントが結構重いのですよね。

photo_6 (2)


あんまり関節が可動しないので、多彩なポーズは難しいかもしれません。
マントを取れば肩が開放される分そこそこ動きます。
私はポーズをつけるのが本当に下手なので、それはお上手な方にお任せしましょうw
気になった方は実際にご購入の上色々弄ってみてくださいね。
ただライドウファンには間違いなく嬉しい立体物だと言えると思いました。
だって眺めているだけで嬉しくなってきちゃうもの!w
アトラスブランドが今後どうなっていくのかまだわかりませんが、いつの日かライドウの続編が
できることを願ってやみません。




関連記事

テーマ:日記・雑記
ジャンル:ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。