猫とワタシ

あけたらしめる跡地

好きなものを狭く深く愛する。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する「Deadpool」

ゲーム関係いろいろ

ゲーム版Deadpoolは予約していたのに発売後すぐに届かず、ちょっとテンションが下がり、
その上The Last of Usにとんでもなく夢中だったので(今も夢中)合間にプレイするという形に。
以下の動画はEDなのでこれからプレイするという方は避けてくださいね。気に入った自分のために貼るw
一言で感想を言うならば「普通のアクションゲーム。しかしデップーのキャラが好きなら絶対楽しめる」。




コンボを決めてポイントを稼いでいくのですが、アンロックできる武器や技の威力が大きいので、
いかにコンボを繋げるかが鍵であり、結果メリハリがつくプレイとなるでしょう。
ボリュームはあるほうではありません。序盤はいいですが、終盤の敵ともなるとかなり固く、
ヒーリングファクターも間に合わず銃撃であっという間に死亡してしまいます。
カメラは独特といいますか、私は若干酔いました…The Last of Usも酔いましたが、それとは違う感じでした。
しかし、デップーの喋り(喋ること喋ること!)、残酷さ、下品さ、
ステージを繋ぐ馬鹿馬鹿しくもスピード感溢れる狂気じみた寸劇、これらの要素から得られる満足感は大きく、
EDに到達する頃には「不満点もあったけどまあいいやwデップー最高!」と相成りましたw
他のキャラも出てくるには出てきましたがケーブルさんがちょいちょいと…という感じで、
ウルヴァリンに至っては失神して横たわっているのを往復ビンタされているくらいしか記憶にありませんw
ただすぐに周回したいか?と聞かれると正直うーん…という感じがしました。
だけど手放さずたまにプレイしたくなるそんなゲームかな。
9月に邦訳が出るコミックスがとても楽しみ!ゲームもそうですが、スラングに至るまできっちり英語を
理解できたらいいのになーとしみじみ思います。
このゲームもニュアンスを余さずローカライズしてくれたら…と思いますが、可能性は低いでしょうね。




関連記事

テーマ:日記・雑記
ジャンル:ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。