猫とワタシ

あけたらしめる跡地

好きなものを狭く深く愛する。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する【The Wonderful 101】4Gamerさんの夫の記事!

The Wonderful 101

プラチナゲームズさんの待望の新作、神谷英樹さんディレクションのThe Wonderful 101
時間をかけながらクリアして、現在周回に入っているのですが、1周目はチュートリアルと言われるだけの
ことはあるなと痛感しているところです。
さて、夫ときちくが4Gamerさんで記事にさせて頂いたものが公開されています。
◆総員,ユナイトアップ! 大規模合体ヒーローアクション「The Wonderful 101」をプレイムービーで紹介




夫が101の動画を作るのはとても嬉しいことでした!マックスアナーキーの時も思いましたけどね。
夫の動画はどれも個人的に好きですが(面白さを伝えることに長けていると思うので)、
プラチナさんのはどうしたって格別…!
これを見て知ったり、興味を持ってくれる人が増えてくれるよう願っています。

神谷さんのゲームに共通するもの。それは細部まで異様なまでに(褒め言葉)妥協無しに作り込まれている濃い舞台、
血が通って共感や愛情を覚えるキャラクター作り、そして玄人をも満足させるゲームバランスだと思います。
狭く深く入り込んで世界に同化したい私は、いつもディープにハマって何百時間を過ごすのが常。
デビル、ジョー、大神、ベヨネッタ。101はこれらの過去作を経てきたゲームだと強く感じるのです
(過去作に比べると親切設計だと思う部分は結構ありました)。
どのゲームもそれぞれに違いますが、どうしようもなく全てから「神谷英樹」という人間を感じると言いますか。
神谷さんのお好きなゲームの記憶、絶対譲れないこだわりを盛り込んで。
「この感じ、神谷さん…!」というw共感してくださる方は多分いらっしゃると思います。
神谷さんらしい、ならではのヒーローがこれでもかと活躍するこのゲーム。
おちゃらけて情けなくてうるさくて、でも締めるところは締める。カッコつけるけど、どこか抜けていて憎めない。
とても熱くて行動には筋が通っている。でもどうしても外したくなったり…。
なんだろうな、1周終わる頃にはこの小さなヒーローたちを好きで好きでたまらなくなっている自分がいました。
一回クリアしてハイ終わり!ではあまりにも勿体無い。ここからが始まりなのですから。
WiiU本体ごとを買ってでもプレイする価値のあるゲームです。この体験をできるだけ多くの方へ…と思いますね。

photo_20130906031654849.jpg


101のTシャツがクラニンから届きましたが、未だに勿体無くて着ることができません。
絶対もう一着入手せねば!
トークイベントの時に神谷さんに思わず言ってしまったことがあります。
「どうかお体を大切に。健康でいてほしいです。神谷さんにはずっとゲームを作り続けてほしいから。
神谷さんの代わりはどこにも居ない」と。私はオカンかwでもね、本当にそう思っているのです。
かけがえのない世界を作って誘ってくれる、そんな方です。好きすぎて言葉が追いつかないといつも思います。
その世界を構築してくれるプラチナさん、チームの力を私は愛しています。
ゲーム内と同様に団結するパワーというものを見せ付けられたように感じました。
色々な方法を試し、ネタを見逃さず、隅から隅まで味わい尽くすにはまだまだ時間がかかりそうです。実に幸せ!
ワンダフルミッションも夫とやらねば!




関連記事

テーマ:新作ゲーム
ジャンル:ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。