猫とワタシ

あけたらしめる跡地

好きなものを狭く深く愛する。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するサーシャを運ぶキャリーバッグ

サーシャ

サーシャのために購入したのがこのキャリーバッグ。
リュック型3WAYキャリーバッグ」という感じの商品名で販売されていると思います。
リュック、ショルダー、手提げの3つの形で持つことが可能です。
車のシートに固定することもできるので安心。価格は1万円前後、カラーは5色で展開しています。

bag01.jpg


キャリーバッグは必須アイテムであり、様々な形状のものがあるのでどれを選択するかが悩みどころ。
我が家では二輪車を運転する時にも持っていけること、震災時を考えて両手が空くものにすること、
重過ぎないこと、あからさまに「中に動物がいる」とわからないものであること。
これらの希望をクリアしたのがこのキャリーバッグだったのです。

サイズは縦41cm、横31cm、マチ23cm。
サーシャにはまだ大きいですが、7kgの猫まで入るのでしばらくは使えるでしょう。
バッグ重量は約1.6kgとサイズのわりには軽量です。
外側正面と両サイドにはポケットがあります。底部はしっかりしており安定感あり。

bag02.jpg


蓋の開き方ですが、2パターンあり、これが全開にしたところ。
内部に飛び出し防止ベルトが付いており、首輪を固定することができます。
両サイドと上部のメッシュ部分は頑丈で、外からはほぼ見えないですが、
内部から外部はよく見えるという素晴らしい作りなのです。

photo_1_20131011010707b08.jpg


小さく開いたところ。小さい蓋は二層になっており、メッシュ部分が内側、その上にマジックテープで
くっつけられる蓋が付いています。中の様子を見るだけならここを開ければ良いわけです。

photo_2_20131011010706e9e.jpg


内部の底板はペットシーツを巻きつけることができ、粗相にも対応。
全体的に細部まで行き届いている作りだと思いましたが、
難点を言うなら布製であるが故に気軽に洗うのは難しいということでしょうか。
実際に使ってみた感想は思ったとおりの使い心地で、満足度は高かったです。
届いたその日から数日部屋に置きバッグに慣れさせました。すんなり入って病院に行ってくれましたよw




関連記事

テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。