猫とワタシ

あけたらしめる跡地

好きなものを狭く深く愛する。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する舌を仕舞い忘れたり、自分の名前を認識したり。

サーシャ

サーシャがうちにやってきてから、今日で15週間が経過、体重は先週より91g増の1,958gとなりました。
2kgまでもうすぐ…!そろそろ体重計を買いなおさねば。

photo_20131120141811856.jpg


順調に成長していますが、耳のサイズは相変わらず大きいままです。
このまま成猫になるのかな?


寝起きで気が緩んでいるのか、リラックスしているのか、舌出しサーシャ3連写です。

photo_1_201311201418100ef.jpg


photo_2_201311201418097a0.jpg


photo_3_20131120141808348.jpg


さて、サーシャは果たして自分の名前を認識しているのかどうかという話になりました。
試しに私が「サーシャ」と呼びかけるとこっちを向きましたが、1度なら偶然かもしれない。
というわけで「何回か色んな名前で呼んで試してみてよ」という夫の案に従うことに。

「ポチョムキン」
サーシャ「・・・」
「カニカマ太郎」
サーシャ「・・・」
「ディックディックこんにちは」
サーシャ「・・・」
「サーシャ」
サーシャ「!」

こんなやり取りを複数回繰り返したのですが、何度やっても
「サーシャ」でしっかり振り向いて注目するので、サーシャは自分の名前を認識しているという
結論に達したのでした。可愛いなあ、もう…!!

暖かくして寝る毎日です。
寒い季節に猫ってよく合うような気がします。イメージ的に。

photo_4_20131120141808271.jpg


人間はなんだかんだと悩みがあったりしますが、すやすや眠るサーシャを見ていると
些細なことはどうでも良くなるといいますか、温かいものがじんわり心に流れ込んでくるような感覚になり、
対人間とは違う種類の安らぎを感じるのです。

photo_5_20131120141807bef.jpg

関連記事

テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。