猫とワタシ

あけたらしめる跡地

好きなものを狭く深く愛する。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するメディファス 子ねこキャンペーン10月の「いいね!グランプリ」を受賞しました!

サーシャ

今年の10月から行われている「メディファス 子ねこキャンペーン」。
その企画の一つである「いいね!グランプリ」にてサーシャが10月のグランプリを獲得しました!!

201310Grand Prix


サーシャやったねー!!おめでとうー!
主に嬉しいのは人間のほうですけどもw
素敵なプレゼントを頂いてしまいまして、それが昨日届き、サイトのほうにも掲載になりましたので
ようやく記事にすることができます。待ってました…!

そもそもこれはどのような企画かといいますと10月から来年2月まで行われているもので
「いいね!」を押してもらい、得票数の一番多い子猫が1か月に1匹グランプリに輝くというもの。

koneko.jpg


10月分にエントリーしたサーシャはおかげさまで一番沢山「いいね!」を頂きました。
投票してくださった方々、本当にありがとうございました!感謝です。
グランプリのプレゼントとして頂いたのは、子猫の写真を元にした世界でたった一つのオリジナルフィギュアなのです。
昨日宅急便でそのフィギュアが到着…!

photo_7_20131128233829c74.jpg


フィギュアが入っている箱は綺麗に包んであり、細かいことに包装紙までこの仕様です。
これも大事に保存します。

photo_2013112823382855a.jpg


アップにするとこんな感じ。グランプリって書いてあります。可愛い!

photo_1_20131128233827a47.jpg


これがサーシャフィギュア!!
このフィギュアの作者さんはヨシオミドリさんという方です。猫や鳥を好んで作られているよう。
この方の作品、以前どこかでお見かけしたような…記憶を掘り起こしてみたもののどうしても思い出せず。
でもこの表情、この感じ、印象に残っているんですよね。機会があれば是非個展にも足を運びたいなと思いましたよ。
サイズは15cmほど。非常に軽くてびっくりしたのですが、素材は粘土とのこと。

photo_2_20131128233826b39.jpg


このフィギュアを製作するに当たってこちらが提出したものは、写真15枚ほどとブログの該当記事のURL。
それに出会いや性格、特徴なども細かくご連絡致しました。それらを参考にして製作して頂いたものなのです。
サーシャの最大の特徴である大きな耳がしっかり再現されています。

photo_3_201311282338256ca.jpg


そしてこのポージングったらww
腰がくいっと入っているのが良いですねw

photo_4_20131128234002639.jpg


逆サイド。とにかく耳が大きい!

photo_5_201311282340012db.jpg


この不敵かつやんちゃな表情!!どうにもサーシャの性格を見抜かれたようでドキッとしましたね。
サーシャは気が強く、未だに若干ガブリエルですwいたずらが大好きで、黒い弾丸のように部屋中を駆け巡ります。
「やってやったもんね!」と言い出しそうなこの顔が可愛くて可愛くて。

photo_6_201311282340001bd.jpg


ケースを用意して大事に飾らせて頂きます。ケースに入れないとサーシャが味見をするでしょうからw
ひょんな偶然から出会った足元もおぼつかないほど小さかったサーシャ。
この小さな命を守って、ずっと幸せに一緒に暮らしていけるよう最大限の努力をしたいと改めて強く思います。
短い子猫時代を彩る最高に嬉しい思い出となりました。
ペットライン様、ヨシオミドリ様、ご投票して下さった皆様、本当にありがとうございました!

追記(2014年1月20日):
遅ればせながらフィギュアに丁度良いサイズのケースを購入。
ちなみにこちらでございます。



フィギュアもケースも軽い素材ですので、ケースに入れてもサーシャの手の届かないところに置くつもりです。
これでやっと飾ることができます!やっぱり可愛いな~!

photo_20140121021241fed.jpg


無印コーナー棚のダークサイダーズのデスさんにはちょっと移ってもらって現在の状態。
猫コーナーに変貌を遂げましたよ。

photo (1)


もう細かいものはデスク上には完全に置けなくなりました。
全て引き出しや戸棚内に仕舞うようになって、やたらとすっきりしたインテリアになっています。
お掃除も前よりずっとマメにするようになったし、要らないものはスパッと処分できるようになったし、
猫との暮らしは自分にとっては良いことが多いと感じています。とにかく癒されますもの。

関連記事

テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。