猫とワタシ

あけたらしめる跡地

好きなものを狭く深く愛する。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するnanoblock 大きなクリスマスツリー2013

日常

nanoblock 大きなクリスマスツリー 2013をデスク上のクリスマスグッズとして購入してみました。
一緒にとお勧めされて買ったのは別売りのLEDプレート
合わせて飾ると綺麗らしいと聞いて、組み立てる前からわくわくしたのでした。

photo_201312040413381ea.jpg


nanoblockはセキセイインコ ブルーオパーリンオカメインコ&セキセイインコ以来ですから、久々。
しかも比較するとブロック数がかなり多いので、器用ではない私はどのくらい時間がかかるものか。
まあゆっくり楽しんでやりましょうということで開封。

外箱。可愛いパッケージです。
小窓から見えるブロックの小ささを再確認。

photo_1_20131204041337e4a.jpg


中身はこんな感じで小袋に分かれています。ブロックは若干の余裕数があるとはいえ、非常に細かいので
邪魔の入らない広めのスペースで始めたほうが良いと思います。

photo_20131205064101181.jpg


カラーの組立図が入っています。モノクロだったら死んでたなあw
これが下の階層も描かれているのでわかりやすいんです。
一階層、一階層と忠実にやっていくときちんと組めます。

photo_1_201312050641484c4.jpg


クリアな台座に木の部分が完成。色も単色ではないので変化があって良し。

photo_2_20131205064148620.jpg


大部分を占める枝の部分に差しかかりました。
途中でポチポチと飾りも付けつつ、交互に組んでいきます。

photo_3_20131205064147a90.jpg


早くもツリーっぽくなってきました。

photo_4_20131205064146ae1.jpg


photo_5_20131205064145b0e.jpg


もうすぐ枝が組み上がります。
この小さいブロックを差し込む感触のプチプチした感じが癖になりそうですよ。

photo_6_2013120506414452a.jpg


これで木の部分は完成!
まさしくクリスマスツリー。この後は飾りを作る工程に入ります。

photo_7_2013120506433606e.jpg


この商品の特徴である大きなリボンを組みます。
ちゃんとリボンのふわっと感が表現できるのが凄い。

photo_8_20131205064335891.jpg


ツリーと合体。可愛い~!!

photo_9_20131205064334d57.jpg


さてお次はツリーに欠かせないトップに付けるスターをクリア素材のブロックで作成。

photo_10_20131205064334dd4.jpg


スターを付けてクリスマスツリーの完成です!
ここまででかなりの満足感を得られた私ですが、小物製作はこれからです。

photo_11_20131205064333fbf.jpg


ツリーの足元に置くブーツとプレゼント。
それにツリーに飾るキャンディを組みます。本当にちっちゃいのww

photo_12_20131205064332164.jpg


これらを全部置いて今度こそ完成!
ランダムに組んである枝が非常にいい感じ。
さてここまでの所要時間は、不器用+頻繁なサーシャの妨害のせいか、2時間弱かかりました。かかりすぎw
早い方なら1時間もかからないんじゃないかな。

photo_13_20131205064514496.jpg


右サイド。

photo_14_2013120506451374e.jpg


左サイド。

photo_15_201312050645135ac.jpg


後ろ姿。大きさ比較でフリスクを置いてみました。
高さは15cm弱ほどですが、非常に存在感があります。

photo_16_20131205064512f81.jpg


さてここまでやって欲しくなったもの。というか次回nanoblockを作る時には買うつもりなのがこの商品。
このピンセットがあったら絶対楽!飾りのちっさいプチっとしたブロックもしっかりはまるだろうなー。
次回はガッカリ観光地として名を馳せる札幌時計台を買うつもりw
出身地ですから、愛着はあるのです。




クリスマスツリーが完成したので、急いでLEDプレートを開封。早く乗せたい!
電池は別売りなので注意です。単4乾電池が3本必要。

photo_2_201312040413367f2.jpg


全体が光るのではなく、このように中心部分のみが光ります。

photo (2)


透明な台座ごと乗せました!暗くしたみたところ。
赤、青、緑とグラデーションに光り、とても綺麗。
ツリーの中心部分が空洞だったのですが、この光を先端まで通すためだったのですね。

photo_201312050649562d6.jpg


photo_1_2013120506495565e.jpg


photo_2_201312050649544e0.jpg


photo_3_201312050649543a3.jpg


photo_4_20131205064953915.jpg


組んでいてとても楽しかったですし、場所も取らず、良い商品だと思います。
親御さんが見守りながらお子さんと一緒に作られても良いでしょうね。
このクリスマスツリーは去年も違うデザインで出ているので、来年も出そう。
毎年コレクションしていくのもいいかもしれません。




関連記事

テーマ:+:。☆゜(*´∀`)ノ゜☆:。+゜
ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。