猫とワタシ

あけたらしめる跡地

好きなものを狭く深く愛する。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するサーシャ、牙が抜ける

サーシャ

今朝、いつものように大運動会を開催していたサーシャ
走り抜けたソファーの上に何か白いものがある…何気なく拾い上げてみると、明らかに牙でした。
小さい小さい5mmくらいの可愛い牙。幾度となく私と夫の皮膚に食い込んだ牙ですw

photo_20131214140518579.jpg


猫は生後4か月から6か月程で、乳歯から永久歯に全て生えかわると知りました。
最初は牙が抜け、その後奥歯の順とのこと。
そのまま飲み込んでしまうことが多いらしいので、発見できて嬉しかったです。
大人になってきたんだなあ…としみじみすると同時に嬉しいような、ちょっと淋しいような。カーチャンですねw
そういや自分の幼少時、父が抜けそうな歯に糸を巻いてセイヤッ!と抜いてくれた記憶があります。
今思えば結構バイオレンスな方法だった気がしますがw現在はどうなのでしょう。
海外にはボウガンを用いて抜歯する子がいるらしいですが、方法は様々なようですw

追記(12/17):
2本目の牙が抜けました。
猫タワー最上部にいたサーシャとわーわー!と遊んでいたら、
私の見ている前でサーシャの口からポロッとこぼれ出てきましたw
口の中を見せてもらうと、上あごの牙があったところに赤い穴が出現。
やはり5mmほどのサイズで写真に撮ると米粒のようですね。可愛い…。

photo_201312181158295a4.jpg


追記(12/21):
3本目の牙をゲットですw
サーシャが何か口をあぐあぐしていたのを見ていたらまたも目の前でポローしたので即回収。
抜けた歯は飼い主の目に留まらず、飲み込んでウンニョロコースが殆どだと聞いたので私はラッキーでしょう。高確率!
猫の歯の生え変わりについてですが、人間は乳歯の下から永久歯が生えてきて抜けますが、
猫は乳歯の隣に永久歯が生えてきて入れ替わりに抜けるのだそうです。知らなかったー!
というわけで、一時的に乳歯と永久歯が隣り合って同時に生えている状態になるのです。
サーシャもそんなワイルドなことになっていましたよ。写真を撮っておけば良かったなあ。

photo_20131223142603972.jpg


関連記事

テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。