猫とワタシ

あけたらしめる跡地

好きなものを狭く深く愛する。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する斉藤コーキさんの「ピチュピチュにらめっこ!」

ゲーム関係いろいろ

ポケモン絵師斉藤コーキさんの絵本「ピチュピチュにらめっこ!」がやっと手元にやってきました。
嬉しいー!ちょっと時間がかかりましたが綺麗な状態でゲットです。

photo5_20140324122555dff.jpg


この本は2003年に発売になったもの。コーキさんと交流させて頂くようになってから
存在を知り、そしてコーキさんのお姉様にあたる電波人間のRPGシリーズでお馴染みのすずきかおりさんからも
この作品に関するお話をお伺いしたりして、本当に楽しみにしていました。

中身をチラッと…!自然に笑顔になるそんなお話なのです。
みんなすごい顔だよwwこれは小さいお子さんなら絶対喜ぶと思います。
笑うっていいなあ、パワーになるなあと再確認した次第。とても素敵なご本でした。大事にします。

photo6_2014032412255421e.jpg


サーシャをモデルにして頂いたバトスピのカードは、ちょうど良いサイズのフレームが見つかったので
このようにデスク上に飾らせて頂いています。たくさんの方に遊んで頂いているといいな!
改めて凄いことだなあとしみじみ…。

photo7_201403241225528fa.jpg


実はサーシャの尻尾の先端の骨はコキコキと折れているのです。
指で触らねばわかりませんが。ちょっとピカチュウ的w

photo4_20140324122553494.jpg


本は絶版になって読むことが難しくなってしまうことが多々あるのが切ないところです。
電子書籍は持ち運びやスペースの関係上、非常に利点はあると思うのですが、
私はどうしても紙の本を選んでしまいます。ページをめくるときめき、紙の匂い、存在感には代え難いものを感じますよ。

関連記事

テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。