猫とワタシ

あけたらしめる跡地

好きなものを狭く深く愛する。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する猫を通じての再会

サーシャ

最近嬉しかったこと。
以前交流があったものの疎遠になっていた方を思わぬ形で発見しました。
その方のブログは猫を飼い始めてから猫中心になっていって(まさに現在の私状態)、
正直若干足が遠のいたんですよね。
好きではあったのですが、見る頻度が自然と低くなっていきました。

photo5_20140421133340077.jpg

とにかくディアブロ3がお気に入り。ひたすら観戦。


先程、猫雑貨を探しまくっていたら、可愛い迷子札発見。
なんと実は製作者がその方だった…!という流れ。
作家名がハンドルネームと違うので最初は全然わかりませんでしたよ。
嬉しい再会…!と一方的に思っていますw近いうちに何か注文させて頂こう!

photo2 (1)

まだ新しいベッドを破壊。ああっ!見つかった怒られる!?の顔。怒ってもしょうがないw


今ならよくわかります。その方のブログが猫中心になっていったことが…。
飼う前も猫は可愛いと思ってはいたけれど、それは漠然としたもので積極的な感情ではありませんでした。
サーシャがいる今ならそういう変化は自然なものと理解できます。

photo1_20140421133337c82.jpg


猫はあっという間に私を魅了し、人生の一部になりました。
いつ見ても、何をしていても、いつだって抜群に可愛らしく愛おしいのです。

photo3_2014042113333868d.jpg


photo4_20140421133338b66.jpg


夫とも話し合うのですが、サーシャが可愛くてたまに発狂したくなるくらいの感情に襲われるとw
でもサーシャは可愛いけれど、夫への愛情とは別だなあ…これ何だろ?と言ったところ、
夫は「それは愛情だけど、母性愛じゃないかな」と。ものすごく納得しました。
こういう気持ちは全く初めてでとても新鮮、そして幸せなのです。

私が前述の方のブログに感じていたのと同じように当ブログも変わったと思われる方がいらっしゃるかもしれませんね。
ただ「好きなものを狭く深く愛する」この一点だけは変わっておりません。
以前はブログに解析をつけて、どのくらい訪問者数があったとか、どこの企業が訪問してくれたとか、
そういうことに非常に関心があったものですが、今は最早そういった欲は希薄になりつつあります。わりとどうでもいい。
自分は結婚して変化し、サーシャが来て変化し、好きなものも変化して、
人生は流れ、それを愛して今この時を大切にしていきたいと思っています。

関連記事

テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。