猫とワタシ

あけたらしめる跡地

好きなものを狭く深く愛する。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する神谷さんのIGN取材記事を拝見して

プラチナゲームズその他

プラチナゲームズさんの神谷英樹さんがIGNの取材を受けられ、その動画が公開されています。
神谷さんファン必見です。元記事はこちらから。
素晴らしいご自宅にびっくり!「ユーザー視点寄りである」と仰った神谷さん。
子供の頃、ゲームセンターに小銭を握り締めて通った時代をそのまま大人になってもある意味純粋に続けて
今の神谷さんがあるんだなあと再確認しました。




神谷さんはTwitterで失礼ながら歯に衣着せぬ発言をされることがあります。
それは神谷さんの揺るがない視点であり、社会人としてとか、一会社員としてとかそういうものに囚われない性質なのかなと思います。
それゆえ批判を受けることもありましょうが、私はそういった部分も含め大好きなのです。ああ、こっち側だって思うんですw
もう完成する、出来上がる…その直前に「もっとこうしたら良くなる」と思ったら、気づいてしまったら、
何としても実装する、ねじ込む。それもその視点故なのだと感じます。
そしてそれを実現するためには周囲の優れたスタッフの力が必要不可欠です。
一緒に働くには恐らく大変なこともあるでしょう。でも、それでも彼は特別で凄いと思われていると想像しています。
神谷さんの、プラチナさんの、愛情とパワーを私は愛おしく思い、強く支持するのです。

以下の2つの記事もチェックするとファン的にはより楽しめると思いますので貼り貼りしておきます。
Bayonetta 2: The Feel of Fun
has "never made a game like Scalebound."

関連記事

テーマ:日記・雑記
ジャンル:ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。