猫とワタシ

あけたらしめる跡地

好きなものを狭く深く愛する。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するAQUOS Crystal→iPhone6 & Spigenのケース*2

ガジェット

iPhone6に変えてから一週間が経過しました。私は4.7インチのシルバーを、夫は5.5インチのスペースグレイを。
1か月と1日の機種変縛りの喪が明けて速攻の変更でした。
1か月の儚い命だったAQUOS Crystalは昔ほど見なくなっていますが今後2ch Mate専用機になります。
カメラとレスポンスの悪さ、その他諸々やはりパワー不足で、早々にお別れを決めた次第。

DSC_0174_201410082011513d0.jpg


やっぱりiPhoneは良い…としみじみ。実にフィットします。指紋認証が良い、カメラにも満足、サイズもまあ良し。
いとしのTweetbotにも復帰できましたし。
あとはiOS8に対応していないアプリがどうにかなれば(クロネコメンバーズなど)文句はございません。
夫のPlusを見せてもらっての感想はもう広大。でかすぎ!しかし夫は気に入っているようです。
解像度の良さ、バッテリーの持ちの良さ、ゲームのしやすさなど、所持していた5と比較すると良い点が多いとのこと。
というわけで概ね満足な私達なのです。余程の事がない限り、これからもメイン機はiPhoneかな。

まず最初に買うケースはシュピゲン!と決めていたので、先日渋谷店に行ってきました。購入したのは以下のもの。
Spigen AIRSKIN for iPhone6 (0.4mm)

DSC_0141.jpg


エアスキンというだけあって、本当に薄いのです。手に取った時、うすっ!って言っちゃいましたものw
うっすら林檎が透けて見えるのも良し。カラーは勿論大好きなミントを選びました。

IMG_0211.jpg


本体に張り付くようなまさに皮膚のような薄さ。感触はサラサラしています。

IMG_0210.jpg


ただ私的には問題が…。このエアスキンは背面のカメラレンズまでは守ってくれないのです。
レンズは少し出っ張っているので本体に張り付く薄さのエアスキンではカバーできないんですね。

IMG_0209.jpg


今のところ2年は使う予定なので、その間落とさないわけがない。ちょっとエアスキンでは心もとないとの結論に達しました。
本体の薄さを殺さずに存分に楽しみたい方にはお勧めのカバーです。
しかしその薄さゆえに衝撃からは守ってもらうことは期待できませんし、
カメラも丸出しで怖い…というわけでもう1つ購入してみたのが以下です。
Spigen SLIM ARMOR for iPhone6 (4.7)

IMG_0235.jpg


やはりこちらもミント色を買いました。裏面にカードを刺す溝があってスタンドにもなりますし、
その名の通り、スリムでありながら衝撃に十分耐え得る構造。カメラもカバーの厚みで守られます。
ちゃんと林檎マークが見える背面の窓がいいアクセントだと思います。良デザイン!
若干気になったのが手触り。これ、夏になったらペタっとしそう…。電源ボタンもちょっと押しにくいかな。慣れかな。
あと私はスタンドにして使わないので溝はなかったほうが良かったなーと色々勝手なことを言ってみるw

IMG_0313.jpg


IMG_0314.jpg


夫も衝撃に強いのを買いました。以下のタフアーマーです。もうゴツいわデカいわw
これなら落としても平気そう。レビューは配送のせいで酷いことになっていますが、夫のを見ている限り品質に問題はないと思います。




保護フィルムはガラスのにすると決めていました。同じシュピゲンのにしようと思っていましたが、
通販で買おうと思ったら何だか怪しい雲行き。配送が止まっているとのことだったので、違うメーカーのものを。
株式会社MSソリューションズのLEPLUS(ルプラス)というブランドのもの。こちら
貼り付けキット(枠みたいなものが付いています)が付属しているので失敗なし。
アマゾンのレビューには指紋が付くと書いている方がいますが、ガラスだから多少は付くでしょう。
あとはマメに拭くことです。ただでさえスマホは汚いと言われていますからねw
これが何らかの理由でダメになったら、次回はシュピゲン製のを試してみる所存。

IMG_0292.jpg


実用的なケース以外にも猫的ケースが欲しい私は色々探し回っているのですが、
思ったのが角はラウンドじゃないほうが絶対良かったなあ…ということ。
印刷が端まで出来ない場合があり余白が生まれて何だかどうしても締まらない印象になってしまうのです。
同じ理由から保護フィルムも端まで貼れない形状のために気になり始めるともう駄目w
ガラスフィルムではなく、普通のフィルムなら多少は伸びるので端は気にならないかもとも聞きましたが、
そうすると強度が…という悩ましい状況に。どこで線を引くかですね。
このように色々試してみるのもスマホの楽しみだと私は思っております。
余談ですがiPhone5の時は本体色をブラックにしたものの今回シルバーにしたのは、いつか出会うであろう黒猫デザインを生かすためなのでしたw




関連記事

テーマ:iPhone
ジャンル:携帯電話・PHS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。