猫とワタシ

あけたらしめる跡地

好きなものを狭く深く愛する。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するNINE INCH NAILS/Perfect Drug & アブサン

音楽関係




大好きなPVです。寒々しい色彩、爆発しそうな狂気を孕みながらも美しく、
何度も何度も見てしまいます。
笑い飯だの、スネイプ先生だの言われていますがw
コメントにもありましたが、エドワード・ゴーリーや、ズジスワフ・ベクシンスキー
世界観に通じるものがあるように感じるPVでした。

PV内でトレント・レズナーが飲んでいたグリーンの液体は「アブサン」。

absinthe1.jpg


アブサンは、緑色で アルコール度の高いリキュール。
高いものは80%以上、低いものでも40%はあるという。
万人向けではない、かなり好き嫌いが別れる特徴的な味と香りを持っていて、
その美しい色も魅惑であるとのこと。
砂糖を加えてミネラル・ウォーターを加え、白濁したものを頂くのが一般的らしいです。

absinthe2.jpg


アブサンで酔った状態からインスピレーションを得ていたアーティストは大勢いましたが、
中毒で身を滅ぼした者(ゴッホやロートレックなど)もいます。
ゴッホの左耳切断はこの酒が原因だったとする説も。非常に背徳的な存在だったようです。

その為、アブサンは 「幻覚症状を引き起こす」、「中毒性がある」として
20世紀初頭には多くの国で禁止されてしまいました。
1981年にWHOが条件付での製造を承認したため復活。
アメリカは解禁が極めて遅く、2007年だったらしい。
でも多分、禁止前と解禁後のアブサンは内容が違うんだろうなあ。
一方日本では…禁止されていなかったようですが、
入手は難しかったみたいです。現在では…楽天でも売っていますw
機会があったら是非試してみたいと思います。
アブサン風味のロリポップまであるみたいです。これならいけそうだw

absinthe3.jpg


チョコミントが大好きな私は、グラスホッパーというカクテルも大好き。
最近バー巡りしていないので、久々に行きたいかも。

grasshopper.jpg


関連記事

テーマ:お気に入り&好きな音楽
ジャンル:音楽

コメントの投稿

secret

退廃的な雰囲気の幻想空間、
これは確かにゴーリー、ベクシンスキー両氏を思い出します。
絵画の世界を映像化したようなPV映像ですね。クールだ…。

あの緑色の液体は、アブサンというお酒だったんですね。
PV用の小道具かと思っていたら、実在するものだったとは。
しかも、あの映像での作法は正しい飲み方だった…!
色々とイケナイお酒のようで、
多くの歴史を刻んできたアルコールのようですね。
これに限らずお酒に溺れると身を滅ぼしてしまいますので、
やはり飲酒は嗜む程度にしておくのが一番という事ですね。
緑色というのが、背徳的なイメージに拍車をかけているような感じです。
何というか一種のポーション的な感じに見えて…。

バー巡りとは何ともオシャレな…!
一度もそういった経験がないので、自分も行ってみたいです。
何だか、バーというだけで大人の雰囲気溢れてます。
でも頼むのはきっと、カシスオレンジ…!

>ときちくさん
何回も見てしまうPVってありますよね。
これは芸術的に美しく、かつカッコいいPVだと思います。
私の中で殿堂入りです。

緑というのがまずなんかもう毒っぽいw
オドレミンのビンも最初見たとき、うわあい!って思いましたものw
しかし一度は飲んでみたいものです。
ときちくさんはカシスオレンジとカルーアミルクにしておきなはれw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。