猫とワタシ

あけたらしめる跡地

好きなものを狭く深く愛する。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する【BAYONETTA】ベヨネッタ 神谷さんのご報告

BAYONETTA

7/29更新のベヨブログは神谷さんの回でした!

kamiyasmile.jpg


やっぱり神谷さんが大好きです。
惚れ直しましたw
やはり文章には人となりがどうしても滲み出てきますね。
「ご質問にお答えします」の動画版は最高でしたよ!
第二弾があるかどうかはJPさん次第ということでしょうかw
お願いJPさん!!
ときちくさんが「字幕と聞いて」と名乗りを上げていらっしゃいますので、
良かったらアシスタントにwww

またわくわくするベヨネッタに関する情報がいくつか出てきました。
◆ 8/23(日)BS11にてバカタール加藤さん進行の番組に神谷さん登場。
◆ 神奈川県川崎市にて何やら撮影があった模様。CM?
◆ 神谷さんは関東風のお蕎麦がお好き
◆ 神谷さん、お台場にて連邦の白い奴を見て泣くw

最後の2つはベヨ情報というか、神谷さんプチ情報ですねw 主に私が嬉しいw
長野県松本市に行くことが今後もしあれば、
忘れずに松本駅ホームの立ち食い蕎麦屋さんに行きたいと思います!
そして神谷さんのデスク周辺はプラモが増え、更に賑やかなことになりそうw

さて、青い文字で紹介されていた文章ですが、
神谷さんはきちんと回答されていましたね。
青い文字の方は情報源をご自分自身で確認せずに、
恐らく伝聞を元にしたことから、書かれたのではないかなと思います。
神谷さんのことをお好きではないのでしょう。それは人それぞれですし、仕方のないこと。
公式ブログに賛成意見や賞賛の言葉以外認めないというわけでは決してありません。
批判や疑問も当然起こり得るでしょう。ただ書き方というものがあると思います。
(スタイリッシュな人を名乗りながら、ああいったことを書くような例は勿論論外)。
どうしても書き手の人間性が表れてしまいます。

神谷さんが仰る通り、ベヨブログ、そして遡っては大神ブログ、
更に過去、今までに雑誌等の媒体で神谷さんが発してきた言葉の数々。
そういったものを見てきている方ならば、神谷さんが「俺だけの手柄だ」などと
言うわけがないとわかるはずです。
ゲームはみんなで作るもの」そんな大前提は神谷さんご自身が一番わかっていること。
ベヨブログで、各担当さんが各々心血を注いで仕事をし、
一丸となって一つのゲームを作ろうとしている様子は読んできた方には伝わっていると思います。
そんなスタッフを尊敬し、信頼している。
そういう関係など実は無く、俺様が!という者がトップに立っていたなら、
今のベヨネッタは無いと思います。
深い理解へのプロセスをショートカットして、人を批判する段階に至る、
その有り様は短絡的で幼稚、見ていて非常に疲れるもの。
対象が好きではない為、どこかで揚げ足を取れないか、
批判材料はないかと目を光らせているような
そんな空しい負のパワーを感じました。
しかし、何でもそうですが、何か作品を作り、発表し、
それが脚光を浴びたりするとファンもつきますが、必ず粘着質なアンチが現れるものです。
スルースキルが高くないとやっていけないなあとしみじみ思いました。

最後にちょっとお楽しみ。交差法と平行法で飛び出す画像が登場。ちなみに…
◆ 交差法:右目で左側の写真を、左目で右側の写真を見る。
        寄り目にしてそれらの画像を重ねると立体的に見える。

◆ 平行法:右目で右側の写真を、左目で左側の写真を見る。
        遠目にして(ぼーっと遠くを見る感じらしいです)それらの画像を重ねると
        立体的に見える。

…やってみましたが、少し気持ち悪くなりましたw
修行不足ですね。じゃがりこが出そうになっている場合ではありません。
再チャレンジしようと思います。アフィニティを飛び出させるんだい!
次回の立体画像は…プフフフフ!」ということは…このエロイッスンめ!w

次回の神谷さん回では、「イージーオートマチックモード」についてとのこと。
オカンモードですねw 楽しみです。
The Gates of Hellも毎日通うのが楽しみな日課になりつつあります。
ジャンヌが完璧なツンデレでワロタw

自分のための神谷さんプチギャラリー開始w いい笑顔だwww

Hideki-Kamiya_BIOboxart_160w.jpg


そしてペニネッタと神谷さんの2ショット。
ペニーさん、顔小さい!等身がすごいことに。やはりとても素敵!

E3KamiyaBayo.jpg


海外の雑誌の表紙。これホスィ!!!

play200906.jpg


ベヨから離れますが、これはアサシンクリード2のエツィオがセンターに配置されたデザイン。
こういう他のゲームの人物と一緒というのもいいなあ。
ファミ通Xbox360 2009年8月号の表紙とか!

gp200906.jpg


待望のゲーム発売前の時期は大変楽しいものです。
落ち着かない気持ちにもなりますけどもねw
関連記事

テーマ:新作ゲーム
ジャンル:ゲーム

コメントの投稿

secret

レスリーさんが本当に神谷さんを大好きでおられるということが、
ひしひしと伝わってくる熱い記事ですねw
いい笑顔だ…! レスリーさんのの神谷さんフォルダが火を噴くぜ!

字幕と聞いたら黙ってられませんよ。そわそわ。
映像に字幕を入れることが本当に楽しくて仕方がないのです。
アシスタントというのは恐れ多い事ですが、
もしも本当にできたら素敵ですねw いつかきっと…!

神谷さんの真摯な回答、痺れますね。
どんなゲームもやはりひとりでは作れないもの。
レスリーさんの仰るとおり、ベヨブログにて皆さんが生き生きと
ゲームを作成する意気込みを語ってらっしゃいます。
皆さんの力をひとつに合わせて、素晴らしい作品ができるんですよね。
レスリーさんを通じて、神谷さんや作品を知った自分ですが、
これまで一度もあの青い文字の人のような見方をした事はありません。
普通に神谷さんの事を知れば、ああいった発想にはなり得ないものなのですよね。
やはりどこかで、ネガティブなイメージを最初から持っているように思えます。
中立な観点から言う批評は当てになりますが、このように最初から
人物に対して負の感情を持っていてはただのアンチと言われても仕方がないですね。
文章の書き方がとても残念に思いました。

そして、あえて回答なさった神谷さん。作品とスタッフの事を本当に愛してますね。
自分もますます好きになりましたよ。カッコイイです。

立体的に見えるという画像ですが、自分はギブアップですw
こちらはじゃがりこではなく、バームロールが出そうになりましたw
立体視に失敗してしょぼんとしましたが、神谷さんの笑顔でこちらも笑顔に。
なんという眩しい笑顔かッ! キラッ☆ ヒデッ☆
でも、ペニネッタとのツーショットは、なぜ足を両手で指差してるのでしょうねw
ちょっと気になってしまいましたw

おお、ベヨネッタもエツィオも表紙がカッコイイ!
海外の表紙はなぜこうもシンプルでいてクールなのか。
迷うことなく表紙買いしてしまいますよ!
アサクリも勿論ですが、ベヨネッタの発売も楽しみにしています。
これからも頑張ってくださいね、神谷さん!

>ときちくさん
実は本当に神谷さんフォルダがあるというwww
マニアックなおじさまフォルダがいっぱいですよ…w

JPさんに念を送っておきますw
トキチクサンガジマクイレタイッテヨー!ってw
縁って不思議なもので、どこでどう繋がるかわからないので
あるいは…!?ってことも…。フフ。

神谷さん回のコメントで、やはり皆様ちゃんとわかってる!と
嬉しくなりましたよ。
okanoさんという方のコメントがまさに!という感じでした。
どこの読解力もなく行間を読む力も想像力もなさげな
中2病な思い上がりな痴れ者が、
どこで何を読んだか重箱の隅突くような揚げ足取りの如く

まさに痴れ者以外の何者でもないです。
okanoさん、ナイスです。痴れ者www
そしてますます神谷さんの株は上がったのでした。

飛び出す画像ですが、頑張りましたがブーマー状態になりそうに
なったので断念しましたw
何かコツがありそうですよね。
バームロール!ブルボンの至宝じゃないですか!ダメ!ゼッタイ!w
ヒデッ☆ って何さwwwww
新しすぎるwwwww 爆笑しましたw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。