猫とワタシ

あけたらしめる跡地

好きなものを狭く深く愛する。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する崩れゆくものの美

その他いろいろ




廃墟好きな方は2種類に大別できると思います。
廃墟に美を感じる方、もしくは心霊スポット的な意味で好きな方。
私は前者です。

建物って不思議なもので、人が住まなくなった途端に劣化が始まり、
そのままにすると朽ち果ててしまいます。
これって手入れの問題だけじゃないような気がして、
いつも謎に満ちた気持ちになったり。
ロシアの廃墟を集めたサイトを見たことがあって、あれは赴きがあったなあ。
かつて栄えた場所がある理由によって、人が引き払い、
廃墟になってしまった跡地にとても物悲しさを感じます。
行楽地や炭鉱跡などですね。
TVで見たのですが、「記録や歴史」は
人が管理しているから現存しているのであって、
例えば人が消滅してしまったら、それを残していく術はないとか。
本もハードディスクも朽ち果て、建物は崩れ、
植物が侵食して…かつて人がいたことなんて
誰も知らない時代がくるかもしれません。

この動画は大変美しく、建物が自然に帰っていく過程を
切り取ったかのようです。
崩れる危険などがあるので、色々と難しい問題があると思いますが、
少しでもその姿を愛でていたいと思ってしまいます。
関連記事

テーマ:廃墟
ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

secret

人が築いた建物がその役目を終えた途端に廃墟になり、怖がられたり気に入られたりする。
なんだか不思議です。

人の住む築20年の家などが立派に建っていますが、主を失った家なら10年で朽ちる。
畳を竹の子が突き抜けて生える話がたまにあります、それは人が住んでいる間は滅多に起こらない。
無人となれば一気に敷地に雑草が生え、そして壁も剥がれ、床を草木が突き抜けてしまう。
人の存在という目に見えない力が働いて、建物を保護しているのかもしれません。

ウクライナのチェルノブイリ原発で有名な、プリピャチ市の廃墟は必見です。市が丸ごと廃墟になっていますからね。
そこを訪れた女性バイカーのサイトがどこかにあったような…。よかったら探してみてください。

人と建物の関係って不思議なものがあるのかもしれませんね。
非常に興味深いです。

市が丸ごと廃墟…?なんてこと!
素敵な情報をありがとうございますv-345
プリピャチ市を訪れた女性バイカーのサイトを探してみました。
これかな?
http://www.geocities.jp/elena_ride/
その女性バイカー・エレナさんのサイトの日本語訳のようです。
これからじっくり見てみようと思います!wktk

>ときちくさん
エレナさんのサイト(日本語訳)を拝見しました。
記述にあったように、
「自然は土地を容赦なく再生させる。
数百年の間に、人間が居た証拠は消え去ることだろう」
こういうことなんだなと理解しました。
突然の放射能漏れによって、人々は何もわからないまま、
過去も生活も全てをおいたまま土地を離れなければならなかった…
プリピャチ市の廃墟は、普通の廃墟と意味合いが全く違いますね。
泣きながら小さい荷物一つで避難する老女の写真に
胸が締めつけられる思いでした。
このサイトは廃墟好きだけではなく、あの悲劇をリアルなものとして、
再確認、追体験するのに大変貴重なものであると思います。
単純にwktkして見に行ったものの、そんな軽いものではなく、
不謹慎な自分を反省しました。
でも見ることができて本当に良かったです。
ありがとうございました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。