猫とワタシ

あけたらしめる跡地

好きなものを狭く深く愛する。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するあたらしいデビルメイクライ。

ゲーム関係いろいろ



003_20100916063505.jpg


ちょっと寝こけている間にTwitterのTLが凄いことになってました…。
まさに阿鼻叫喚。
ゲーム詳細はこちらからどうぞ。
デビル名倉イだの、タイリッシュアクションだの上手いこと言われているのを
見て笑えたのが自分的には救いだったというか。
このたった2分のトレーラーで、筆舌に尽くしがたい絶望感を味わいました。
4が発表になった時に、ネロとかいう知らない奴(ファンの方すみません)にダンテの顔がキックされたのを
見た時、嫌と言うほど思い知ったのが「自分はデビルメイクライシリーズが好きなのではない。
神谷さんのゲームが好きなんだ」ということでした。
それでも4は大人気だったし、物事は変化していくもの、神谷さんの手を離れたのだから
仕方ないというか、当然だよなあ…と思ってきました。
でもさ。これはないだろうw
吸っていたタバコを敵に押し付ける。
この見渡す限りの激しい違和感は何だ。もうデビルの名前をつけなくてもいいんじゃないかな。
どこに行くのか、それだけは見ていこう。
アクションゲームは大好きだから、単純に面白そうなら買いますが、
「デビルだから買う」ことはない。狭量かもしれないけど、これが正直な気持ちです。
関連記事

テーマ:新作ゲーム
ジャンル:ゲーム

コメントの投稿

secret

「my name is ダンテ」って聞いたとき、ええええぇ!?と思いました^^;
ダンテは確かタバコ吸ってなかった様な・・・。←そこかいっw
それよりも須田×三上×山岡チームの新作の方が気になります!

私もひどく衝撃を受けました。唖然というか、開いた口が塞がらないというか。
もうショックすぎて、なんて言っていいかわからないです。一番ショックだったのは、ダンテがまるでバイオハザードの生物兵器みたいになってたこと、でしたけど。
あの生き生きとしていて、スタイリッシュで、カッコいいダンテは家出しちゃったんでしょうか。
新作のスタッフの方にはとても申し訳なく思いますが、ショックを通り越して、なんだか悲しくなってきました。

これは俺の知っているDMCじゃない。
ゲーム自体じゃなくて、ゲームクリエイターを好きになるって事はあります。
神谷さん、稲葉さん、三上さん、須田さん、etc。
新作のスタッフには悪いですが、これはちょっと……。
ゲームとしては面白いかもしれませんが、DMCとして遊ぶという事はないと思います。

これには驚いた。
2や3は神谷さんの手がかかっていないにしても、まだダンテの姿をしていたのにね。
ここまで姿形が変わってしまうのは…。
もうダンテやデビルの名前を使わなければ良いのに、とレスリーさん以外の大勢の人も思っているだろうね。

同じ3分程度のトレイラーでも、マーヴェルVSカプコンの方はワクワクするんだけどなあ。

>たかすさん
ダンテは仰る通りタバコは吸いません。
神谷さんはそこにもこだわっていました。
「タバコを吸わせなくてもカッコいい」それがダンテだと。
私も三上さんたちのホラーのほうがずっと気になります!
あっちは絶対予約買いですね!

>霧明さん
私も同じでした。言葉もなかったですよ…。
トレーラーを見終わった瞬間、夫と無言で顔を見合わせました。
しばらく感想すら言えなかったですねw
スタイリッシュではないですよね。
ただの非道DQNにしか見えません…。

>暇人さん
私もこんなDMCは知らないです。
2が出た時、これはダンテじゃない、ダソテだ!と
言われたりしましたがw
今回はその比ではないですね。
本当にスタッフさんには申し訳ないですが、これは無い、です。

>ときちくさん
本当に驚いた。もう言葉もなかった…。
デビルの名を冠することにもう意味はないと思われる。
まあトレーラー1本しか出てないけど、
そう断言したくなるような違和感に満ちている。
マヴカプは文句なく面白そうだけどね!

返信の終えた後にコソコソと失礼します・・・!
個人的にはシリーズ物だけあって
気をつけてもらいたい気がします。
新しい事に挑戦する事に対しては
良い捉え方をするべきなのかもしれませんが・・・
ファンにも"受け入れる"難しさがあるのだな、
と感じてしまう情報でした。

>許さん
いえいえwコメントありがとうございます!
シリーズ物には初回からのファンがついていることを
忘れて欲しくないと思います。
新規を獲得することは勿論重要ですが、
従来のファンの気持ちを尊重することなしには
信頼は得られないと思いますね。
双方をうならせる要素があれば幸せなことです。
今回皆に総スカンを食っているように見えるのは、
思わぬ方向に突っ走り、取り残された感がすごく
するからではないでしょうか。
ファーストコンタクトは非常に重要なもので、
これでカラーを決定づけられると言っても過言ではないです。
気にはなるので、これからも情報は追っていきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。