猫とワタシ

あけたらしめる跡地

好きなものを狭く深く愛する。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する【BAYONETA】廉価版&設定資料集の件

BAYONETTA

何故か文章だけ書いてすっかり記事を完成させたつもりでいて、
うpしていなかった愚かな私です…。うっかりにも程があるわ!ノゥ…
タイミング逃したしどうしよう…と思いましたが、
まだ購入されていない方で迷われている方の後押しなどに少しでもなれば…!との思いから、
この記事を上げさせて頂きます。
BAYONETTAの廉価版が9/2に発売になっております。
名前は聞いたことある…ニコ動の動画で見たことある…実はちょっと気になってる…
そんな方に是非ともプレイして頂きたいBAYONETTA

2010-09-26 23.34.15


去年の10/29に発売になったベヨですが、私にとって約1年経っても尚、
他のゲームを押し退け続ける程、全く色褪せない輝きを放ち続けるゲームなのです。

2010-09-26 23.34.41


もうソフトは持っていましたが、廉価版を買うことに全く躊躇がなかったその理由は。
これはただ安くなっただけの廉価版ではありません。
①リバーシブルジャケット!アダム・ヒューズ氏の妖艶なベヨネッタが描かれた美しいジャケットだけでも
買う価値は十分にあります!

②未公開映像が収められたDVD付き!橋本Pや神谷Dのインタビューがこれまたカッコいい。
海外向けに作られた映像なんですね。以前つべに上がってました。神谷さんは恥ずかしいって仰ってましたがw
歴代トレーラーも全部納められています。
思い出すなあ…新しいトレーラーが出るたびに大騒ぎで盛り上がった日々を!
改めて見て思うことは、こんなにカッコいい女性主人公は他にいない!!ということ。最高!
最後に10/22発売のVANQUISHのトレーラーも含まれています。

一人でも多くの方にこのゲームをプレイしてほしいなあという私の気持ちは
ずっと変わることがありません。
神谷さんがディレクションしたゲームにはある共通した、抗い難い魅力に溢れています。
ゲームを始めた途端、プレイしている最中、クリアしてからもその世界観から抜けられないのです。
繰り返し繰り返し遊びたくなる。血が通っている。隅々まで。とても熱い。
私はデビル1の時から今に至るまでその魅力に捕らわれ続け、
そしてその状態がずっとずっと続くようにと願ってやみません。
完全に狭く深く好きなんですねw

そしてゲームをより楽しむために、世界観をより知るために、
このベヨ設定資料集も合わせてお勧めします!こちらにも記事があります。
この本に限らず、現在は本が絶版になるスピードが非常に早いです。
気になるのならば、後悔しないよう在庫があるうちに購入するのがいいですね。
食費を削ってでも!私は泣いたことが何度もありますよ…。

2010-10-11 22.05.44


全223ページのボリューム。
中身にはBAYONETTAの全てがぎっしり詰まっています。
各キャラの設定画(未公開のものも沢山!)、武器やアイテムの詳細、背景、
しまこさんのイラスト、スタッフさんたちの巻末のコメント集!素晴らしいの一言。マストアイテム!

2010-10-11 22.11.34


そしてDVDも付属しています。1時間以上に渡り、
神谷D、橋本Pを筆頭に開発スタッフさんが語りまくってくれます。
ゲームを通り一遍ではなく、深く知りたい方は必見の内容です。

2010-10-11 22.14.08


ポスターも2枚付属。私にとってはこの本は永久保存版です。
というわけで2冊買いました!片方はシュリンクのまま保存です。
上記に加えてサントラを入手したならパーフェクト!ですね。ベヨのサウンドは絶品ですから!

2010-10-11 22.18.29


海外版の立派な設定資料集もあります。内容の詳細はこちらから。
全部欲しい!というバッボーイにはこちらもお勧めしておきます。
日本以外にもコアにベヨを研究して愛している人たちがいることに私は大きな喜びを覚えました。

2010-10-11 22.02.11


これには神谷Dをはじめとしたスタッフさん達にサインを頂いております。
超絶に家宝です!!

2010-10-11 22.02.55


というわけで、私はBAYONETTAを今も変わらず激烈にプッシュ!でございます。

プラチナゲームズさんは開発スタッフを募集されていますが、
インタビュー(ちょっと前の記事になりますが)を拝読して、
なかなかこういう環境でゲーム作りができる会社は他にはないのではないだろうかと感じています。
稲葉さんが仰る「1本のゲームに愛着が持てるような作り方にこだわっている」。
効率的ではないとわかっていながら、こだわりを貫く。
このゲームに対する情熱と愛情が私たちユーザーにも確実に伝わっていると感じます。
今、一体どんなゲームを新しく開発されているのか。
現時点では知る術はありませんが、私は信じられます。
間違いなく私に喜びを与えてくれるものであろうことを。
TGS2010で神谷さんとお話しさせて頂いて、そんな予感がひしひしとしたのです。

関連記事

テーマ:日記・雑記
ジャンル:ゲーム

コメントの投稿

secret

時の流れは早い!ベヨネッタが発売されたのはつい最近のような気がしている…。
未だに色褪せない魅力!がそう思わせているんだろうな。
発売後もこうして様々な資料集などの発売でワクワクさせてくれるね。
後は…眼鏡が待っている…?

サインは本当に一生物の宝物だね。
ああ…次はVANQUISHだ…。

>ときちくさん
もう約1年経つとは…私もつい最近のような気がしてしょうがないw
まさに変わらない色あせない魅力が古さを全く感じさせないんだろうなと思う。
いつも生活と共にあるゲームだしね!
そうだ、あとはメガネだッ!w
サインは家宝です。うちには家宝がたくさんあるウレシイv-352
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。