猫とワタシ

あけたらしめる跡地

好きなものを狭く深く愛する。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する「RISING RADIO」第2回

METAL GEAR RISING REVENGEANCE

プラチナゲームズさんが開発することが発表された
METAL GEAR RISING REVENGEANCE
ようやくちゃんと1/27配信「RISING RADIO」第2回を拝聴できました。
プラチナさんの齋藤健治ディレクターと、
小島プロの是角有二プロデューサーがご登場。
司会の森一丁さんはいつ聞いても良いお声ですこと。

rising_radio_002_on.gif


ストーリーの時系列に関しては実際プレイしたら納得できるものになっているというわけですね。
何分出ている情報が限られているわけですから、そこからユーザーは推測・予想することになりますが、
それが全てでは全然ないですから。
でもファンなら居ても立ってもいられないのはわかります。

プログラマーになると小学生の頃に決められていた齋藤さん。
幼い時に目標を具体的に決められるのも凄いと思いますが、それを実現するのも凄い。
それにしても是角さんの喋りは芸人さんみたいですw
「週刊ファミ通」と「電撃PlayStation」にもお二人の対談が掲載。
コジプロ内で「メタルギアだからステルスじゃないと」という迷いがあって結果迷走。
でもプラチナさんがそれをバッサリ振り切ったので、
「もともと目指していた方向性のゲームに進」むことができたとありました。
コジプロだけでは、方向性が定まっていたのにステルス要素に縛られて動けなかったということ。
プラチナさんとの話が生まれなかったら、そのままお蔵入りだったのかもしれません。
E3ではプレイアブル出展とのことですので、日本ではTGSで可能になるのではないでしょうか。
私は齋藤Dのヘアスタイルに意気込みと決意を感じましたw

ライジングの真実」も見ておさらいおさらい。




コジプロの若いチームにまかせたのに迷走…というのが気になりました。
後進を育てるというのは難しいことなのでしょう。
プラチナさんにまかせるとわかった時はコジプロ内部でどういう反応があったのか。
それを意味するところは…という感じで…。
それに対してこの話を受けたプラチナさんの回答は非常に明快なもの、
そして本能的なものであったと感じます。
プラチナさんにとっても大きなチャレンジになることは間違いありません。
いずれにせよ良い相互作用の元、快作ができるだろうと私は思っております。
E3では大きな動きがあるでしょうし。楽しみです!

小島監督のメガネ、面白いフレームだなー。どこのかしら?w
関連記事

テーマ:新作ゲーム
ジャンル:ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。