猫とワタシ

あけたらしめる跡地

好きなものを狭く深く愛する。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する土林誠先生の個展に行ってまいりました。

ゲーム関係いろいろ

3/19~20と東京に行ってきました。
色々と濃い2日間になりました!
ジニアス・ソノリティさんと飲み会、そして土林誠先生の個展。

ada36306.jpg


記憶が消えないうちにまとめてみます。
以下ものすごく長い記事になりますが、良かったらご覧ください。
初日はある場所を訪問。色々と勉強になりました。
そして夜はジニアス・ソノリティさんの社長の山名学さんと、
取締役の小林千尋さんと4人で飲み会でした!

すごく親切にして頂いて、恐縮しつつも嬉しかったです。
とんでもなく緊張して行ったのですが、山名社長のお話が楽しくてあっという間に引き込まれました。すごく気さくで面白い方なのです。
小林さんはもの凄く切れ者という印象で、素敵な方。昔の知り合いにそっくりだったので一瞬狼狽しましたw
電波人間のRPGの話から、ちょっと書けない話まで堪能させて頂きましたよ。
山名社長があることをシャウトしながら、
紙エプロンを引きちぎったのがこの日のハイライトww爆笑しましたw
またご一緒したいです。本当にありがとうございました!!
サインを頂きましたよ!小林さんは初めてサインをされたのことで貴重なものとなりました。
今後もジニアス・ソノリティさんを応援したい気持ちでいっぱいに。最高に楽しかったです!

DSC_0548.jpg


2日目。最近大ハマりの、日本橋タカシマヤのオーラ・カイリーに寄ってもらったり。
車に乗ったままエレベーターに乗せられて驚いたなあ…東京のデパートに
車で来たのは初めてでしたので。田舎者っw
あまり品数がなくて、ハンドタオルを2点購入。

DSC_0539.jpg


そして秋葉原に車を止めて、いよいよ土林先生の個展へ!
もう7.8人並んでいて、順番を待つことに。外に向かって展示されていた
この瑞々しい色彩の絵は撮影可でした。

DSC_0529.jpg


会場のシャッツキステの前にはお花がいっぱい。
中にはプラチナゲームズさんの山中雅貴さん(MAX ANARCHYのディレクターさんです)からのお花もありましたよ。

DSC_0533.jpg


DSC_0534.jpg


結局中に入るまでに1時間強かかったのですが、
その間に着物姿が凛々しい土林誠先生が外に出ていらっしゃいました。
行列している人々をいたわるような、そんなご様子が感じられましたよ。
私と夫に気づいて下さり、少し会話を交わしましたが、覚えていて下さって感激でした!
アシスタントの高橋飴さんも何度も外に出ていらっしゃって、流石の細やかなお気遣い。
飴さんも私たちを覚えて下さっていて嬉しかったなあ。

さて、私たちはメイド喫茶というものは初体験でした。
結構ドキドキしながら入店したのですが…。
私の勝手なメイド喫茶のイメージと言えば、「ご主人様!萌え萌えキュン!」的なミニスカートの女子が
わんさかいるようなものでしたが、ここは全く違いました。
スカート丈は長く、露出もなく、私が思い描く由緒正しい上品なメイド姿だったのです。
あとで、飴さんにお伺いしたのですが、ここのメイドさんは何かに秀でているところがないと
採用されないのだとか。確かに地方ネタに異様にお詳しいメイドさんがいました。
(私と夫の)初メイド喫茶がここで良かったと思いますよ」とも飴さんは仰っていました。全く同意です。

中に展示してある作品は撮影禁止でしたので写真はありません。
春夏秋冬の順にぐるっと作品が並び、内容は新撰組を中心にしたもの。
サイズが大きく迫力のある作品や、ごく小さなキャンバスに描かれているもの、
壁に貼ってあるメニューにまで先生のイラストがいっぱいで、
土林作品に包囲されているという夢のような空間でした。
トイレにまで作品があったのには嬉しい驚き。
可愛かったり、カッコいいキャラがいっぱいな中、私の心に妙に残ったのは「泥松」。
政宗に仕えた草履持ち。
造作が良いわけではない彼ですが、その描き方に土林先生の眼差しの優しさを感じて、
胸がいっぱいになってしまいました。
子供とか亀とか猫とか…「小さきもの」に対する愛情と言いますか。

メニューには今回の個展にちなんだものが3点ほどあり、
時間を読み違えてあまりお腹に入らない状態だった私たち(おバカ…)がオーダーしたのが
新選組 抹茶けぇき」。特製コースターがつきます。
添えて頂いた緑茶との相性が抜群でした。「小十郎うーめん」と「ずんだ餅」も食べたかったー!

DSC_0535.jpg


そして目玉は土林先生が描かれたスケッチブックでしょう!合計7冊ありました。
大変貴重なもので、拝見する時は都度メイドさんに申請して1冊ずつ見せて頂くシステム。
透明なポケットにスケッチが納められたファイルもありましたが、
拝見するのにさらに緊張したのがスケッチブック。紙が薄いのです。後で土林先生にお伺いしましたら、
この紙の厚さが良いのだとか。色が移るので1枚あけて描いていらっしゃるとのことでした。
スケッチブックの内容に関しては見に行った方へのサプライズとのことなので言及致しませんが、
何という線だろう…と何度もスケッチに吸い込まれそうになる感覚を覚えました。
ただひたすらに描く」。何度も何度も描く。その情熱とストイックさを痛いほど感じ、頭が下がる思いでした。

一通り拝見した後に、土林先生と高橋飴さんと私たちでお話しさせて頂きました。
これが異様に盛り上がってしまい、お時間を取らせてしまったかもしれません。すみませんでした。
でも本当に楽しかったです。UBIの蘭子さんがいらっしゃっていたとか、
プラチナさんの橋本さん、しまこさんのお話まで飛び出して…!
そして私たちのこれからの道筋をも示して頂いたように感じました。
自分では全然気づかなかったのですが、夫によると私はずっと目がうるうるしていたとのことでw
お会いするのは2回目だというのに、
私たちのことをよくよくわかってくださっていた飴さんに驚きました。
そして穏やかににこにこしていらした土林先生。
私たちが帰る時に、土林先生はわざわざ外にまでお見送りに出てくださったのでした。
何という素晴らしい時間だったことか…私は土林先生と飴さんが大好きです。
作品だけではなく、人間としても大好きです。飴さんのご両親にもお会いできて光栄でした。

好きなことを追及すること。ひたすら続けること。磨き上げること。形にすること。それが生きること。それが喜び。

この個展に行こうかどうしようか…と迷っている方がもしいらっしゃるならば、
何が何でも行くべき!と断言します。こんなチャンスは滅多にありません。
個展は3/29(木)まで開催中です。
お客さんの中には北海道からいらした方も。会期中何度も足を運ぶお客さんがいらっしゃるのも納得です。

さて、今回入手したお宝は以下の通り。
お土産用の仙台味噌クッキー
開封したら味噌の香りがふわ~っと漂って…お茶とよく合うクッキーでした。

DSC_0540.jpg


食事をしたら頂けるコースターには名前入りのサインを頂けました。感動です。

DSC_0541.jpg


バクマツメンコ。飴さんの「今日は大安だからお守りにしてください」との素敵なお言葉と共に。

DSC_0545.jpg


3枚組のポストカード
どれも素晴らしいですが、特に私は3枚目の梵天丸と泥松のが一番好きかなあ。

DSC_0544.jpg


手ぬぐい。これは先生の同人誌にランダムな柄でついていたもの。
同人誌は特装版で全部持っているので、
持っていない柄を今回買えて嬉しかった!手ぬぐいの良さを知ったのは土林先生のおかげなのです。

DSC_0543.jpg


これから発売予定の新撰組フィギュアの告知カード。
現物も展示されていましたが、まさに先生のイラストがそのまま具現化したような出来でした。

DSC_0546.jpg


今回の個展の先生仰るところのどむw(DM)です。
記念に額装して飾りたいと思います。

DSC_0547.jpg


土林誠先生、高橋飴さん、シャッツキステの皆さま、関係者の皆さま、
素晴らしい個展をありがとうございました。厚く御礼申し上げます。



その後、夫と私は秋葉原を徘徊して、カッコいいヘッドホンを購入したのでした。
MW3の限定版モデルだとか。

542393410.jpg


あとフォロワーのラハリクさんともお会いできました。
短い時間でしたが、面白いお話を聞いちゃいましたw今度ゆっくりと!
非常に濃くも、実り多き2日間でございました。楽しかったー!
関連記事

テーマ:+:。☆゜(*´∀`)ノ゜☆:。+゜
ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。